2009年05月09日

ベトナム 完結編


帰国する時、やたら検疫がうるさいなと思っていたが、日本では豚インフルエンザのニュースで持ち切りで驚いた。情報から遠ざかっていたため、箕輪はるかの結核のニュースくらいしか知らなかったのだ。
私はホーチミン市滞在以来咳が続き、相方はウイルス性腸炎になり体調はよくなかったが、インフルエンザらしい発熱などは見られず、大きな問題はなかった。

新婚旅行にベトナムを選んだのはあまり良くなかったかもしれない。でも私は少し位苦労する程度の旅行が楽しいと思う。行ってみるまで分からないんだから。
ツアーの都合でハノイに行けなかったのが残念で、フエ、ダラット、ニャチャンなども訪れてみたいところだ。
ツアーじゃないとナムハイには泊まらなかったと思うので、空港への送迎もあったし、今回はこれでよかったと思う。

ベトナムでは、ホイアンとナムハイは文句なしにお勧めである。
ただしナムハイには日本語がまともに話せるスタッフがいなかったので、英語が全く分からないと厳しいと思う。金持ちヨーロッパ人がターゲットのようである。


ホーチミン市は、、微妙だ。なぜあれほどまでバイクが多いのか。
もはやシクロなど乗っていられる道路状況ではない。映画で見た10年前のサイゴンからの変貌ぶりに驚いた。
ホーチミン市を車で移動するとやたら広くどこまでも都会であり、観光客の少ない地域も活気に満ちていて楽しそうだ。
しかし気ままに街歩きできないようでは、観光の楽しみの大部分が失われてしまう。現地の人も歩かず、先に目標を決めてバイクで移動するのだそうだ。
これから20-30年かけて、地下鉄や新幹線を整備していくとのこと。
いつか散歩の楽しめるサイゴンを訪れてみたい。バイクと電線がなければ美しい街だと思う。

ベトナムではドンとドルの二重通貨が成り立っている。英語教育も盛んで、あれだけの戦争をしたにも関わらず親米的なところは、日本と似ている。
現地ガイドはベトナムで人気のあるスポーツはサッカーとテニスで、フランスの影響を受けているからと主張していた。フランスに対する憧れは根強い印象だ。アメリカのことは少し軽んじる傾向があると思った。
逆に中国語は人気がないとのことで、対中関係については南沙諸島問題を挙げて非難していた。似た部分のある隣国は受け入れられないというのは、よくある構造であろうか。

[追記]
今回の旅行写真については、 いくつか整理したものをFlickrにまとめました。過去の旅行写真もあります。


posted by mit at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。