2009年10月10日

バルセロナ その3


DSCF0669.jpg


9/3は風邪で調子悪いので街歩きより電車で遠出しようと、RENFE(国鉄)でややフランスに近いフィゲラスという町に行った。

DSCF0677.jpg


フィゲラスはダリの故郷で、本人が作ったダリ美術館がある。
それ以外大した物はない。そのダリ美術館だが、展示物は面白いが人が多くて辟易する。観光客で混雑する美術館は落ち着かない。短期間の旅行なら、時間をかけて行くよりは外してもいいと思う。
とはいえ電車から眺める田舎の景色は楽しい。ヨーロッパの電車はみな窓が汚いのが残念。座席はきれいにしてあるのに。

DSCF0694.jpg


帰りの電車はよく眠れて少し元気になった。この日の夕食はスペイン広場近くの鶴城酒家の中華料理にした。ここは安くて美味い。空心菜の炒め物や餃子など安心して食べられ、2人で€20くらいだった。白飯はややパサパサしていたが、それ以外は満足。

9/4は再び市内観光。グラシア通りでお土産を買ってから、カサ・ミラとカサ・バトリョというガウディの建築を見る。建物の中は全て曲線で、外光の使い方が美しい。入場料を取られるがお勧め。

DSCF1060.jpg


DSCF1073.jpg


La Ritaでランチを食べてから、ランブラス大通りへ。脇に大きな市場があり楽しい。ゴシック地域は古い街で、道も迷路のよう。カテドラルは古くてかなり立派な建物で、屋根の上の足場に登って景色を楽しむことが出来る。サグラダ・ファミリアより落ち着く感じがした。

DSCF1088.jpg


DSCF1096.jpg


この日も一旦ホテルに戻り、夜に再び出かけ、オリンピック港の近くのMarina Moncho'sで赤ちゃんイカのフライやパエジャなどを食べた。baby squidはホタルイカに似ているが、本当に美味い。食べ過ぎて動けなくなってしまった。

さて夕食後、夜9時過ぎであるが、店を出ると近くに止まった大きなバスからビキニ水着姿の女の子が大勢降りて来て、海岸に向かって走って行き、キャーキャー言いながら海の中に入って行った。30人位だっただろうか。ロケかと思ったがカメラは見当たらず、顛末を見届けたかったのはやまやまだが、そのまま立ち去ったため分からずじまいである。

翌朝、7時頃のまだ暗い中、帰りの空港に向かった。

[追記]
今回の旅行写真については、 いくつか整理したものをFlickrにまとめました。過去の旅行写真もあります。

posted by mit at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129932727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。