2005年05月22日

唐詩三百首

私が医学、さらにその前に数学を志す前に、私の心を捉えたのは漢籍、漢詩などの中国古典文化でした。小学生の頃に吉川三国志にハマり、中学時代もしばらく中国関係の本を読んでいましたが、そのうちに数学に関心が移り、それ以上深入りすることはありませんでした。
中国語についても、その頃から勉強したいと考えつつ入門書を少しかじって、発音の難しさに独習はあきらめていました。ところが最近、中国語教材も昔とは比較にならないほど選択肢が増え、ネット上でも様々な中国語サイトを閲覧する事が出来ます。なかなか会話に手が回らないのですが、最近は漢詩を中国語(北京語)で読むことに快感を覚えています。

CD教材としては、まず「聴く唐詩三十首」がお勧めです。メジャーな詩を集めてあるし、解説も詳しいです。簡体字オンリーなので、繁体字も載せて欲しかったというのが唯一の不満です。
更に唐詩といえばやはり唐詩三百首(tang2 shi1 san1 bai3 shou3)です。日本では唐詩選が有名ですが、偏りが多く(白居易、杜牧など採用されていない)、中国では唐詩三百首が広く普及しています。唐詩三百首のCDも台湾や香港の物を入手する事が出来ます。大陸のCDもあるでしょう。

春曉 孟浩然
春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜來風雨聲 花落知多少
chun1 mian2 bu4 jue2 xiao3,chu4 chu4 wen2 ti2 niao3。
ye4 lai2 feng1 yu3 sheng1,hua1 luo4 zhi1 duo1 shao3。

送元二使安西 (渭城曲) 王維
渭城朝雨邑輕塵 客舎青青柳色新
勸君更盡一杯酒 西出陽關無故人
wei4 cheng2 zhao1 yu3 yi4 qing1 chen2,
ke4 she4 qing1 qing1 liu3 se4 xin1。
quan4 jun1 geng4 jin4 yi4 bei1 jiu3,
xi1 chu1 yang2 guan1 wu2 gu4 ren2。

渭城曲は音が美しく、つい口ずさんでしまいます。

posted by mit at 04:57| Comment(2) | TrackBack(0) | language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

翻訳ソフト

マルチリンガル環境を整えるといっても、実用的には辞書ソフトを揃えたりするのが大変です。
そんな時翻訳ソフトは非常に力になります。といっても日英・英日翻訳は当面ほとんど必要はないし、英辞郎その他辞書にも困りません。

マルチリンガル翻訳ソフトとして、とりあえずヨーロッパ諸語(特に独仏露伊西葡)および中国語、ハングルあたりが欲しいところです。今のところハングルについては不勉強で評価できませんが、欧州語、中国語についてはいくつか導入したソフトについて挙げていきます。

まず欧州語については、日本で売っている翻訳ソフトとしてはコリャ英和!一発翻訳 マルチリンガル(英仏独伊西葡韓日)と、JxEURO(英仏独伊西葡日)があります。難しい選択ですが、JxEUROは欧州語辞書にも辞書登録ができるため、JxEUROを選びました。

中国語については、高電社のj・北京の評価が高いです。蓬莱が競合製品ですが、まだこれから期待といったところでしょうか。

使ってみての印象は、欧州語については日本語まで翻訳すると意味不明になることが多いのですが、英語への翻訳はかなり使えます。中国語についてもちょっとしたメールなどには大変力を発揮します。日中・中日ともに機械翻訳をそのまま貼り付ける訳にはいきませんが、自分の語彙が少ないので助かります。

そこでよく考えたら、欧州語についてはもともと英語圏の翻訳ソフトがいいのではと調べてみました。 機械翻訳の老舗であるSYSTRANの製品は魅力的です。SYSTRANのサイトには機械翻訳業界について面白い解説がありました。SYSTRAN以外ではLEC製品などありますが、全般的に高価です。海外では翻訳ソフト販売より、オンラインサービスを含めた本格的な翻訳ソリューションを提供している会社が多いようです。ロシア語が欲しかったこともあり、SYSTRAN 5.0 Personal(英仏独伊西葡蘭露中韓日Swedish)がリーズナブルな価格だったので購入しました。500MB位ありましたがダウンロード販売を利用しました(CDも送ってくれます)。とりあえずはJxEUROと翻訳の質はあまり変わらない印象です。やはりSYSTRAN Professional Premiumがいいのか… (高すぎ)

posted by mit at 00:10| Comment(1) | TrackBack(1) | language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

マルチリンガル環境

WindowsXPでマルチリンガル環境を作るのはかなり容易になりました。
AppLocaleを用いれば中文Windows用のアプリでも文字化けせずに使うことが出来ます。

というわけで、日英仏中環境を作るべくWindowsの言語にフランス語(カナダ)、中国語(簡体字、繁体字)を追加。フランス本国はキーボードがQWERTYじゃないのでカナダがよいです。ノートPCで106(109)キーボードなので、記号がキートップの位置と違い101キーボードをイメージしながら入力になります。

フランス語についてはISO-8859-1 or UTF-8が使えるソフトであれば問題ありません。入力についてはMon Vergerというサイトが参考になります。

中国語については、Windows付属の微軟Pinyin輸入法(Microsoft Pinyin Input Method)でも何とかなりますが、やはり高電社のChinese WriterもしくはOMRONの楽々中国語(cWnn)を購入するのがよいと思います。

次回は翻訳ソフトについての予定です。

posted by mit at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。